企業理念

私たちは、生命科学の追究を基盤として、
世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。

ヤクルト事業の原点 「代田イズム」

私たちは、ヤクルトの創始者である代田 稔博士の哲学「代田イズム」を原点として、様々な企業活動を展開しています。
今年で創業80周年、ヤクルトで世界の人々に健康になってもらいたいとの願いは、時代を超えて現在も脈々とヤクルト事業の理念として受け継がれています。

~ 代田 稔博士の考え ~

昭和初期、日本では食料不足による慢性の栄養失調や、劣悪な衛生状態による赤痢などの腸管感染症で多くの人命が失われていました。
このことに心をいためていた代田博士は、「菌をもって菌を制する」、病気にかからないための「予防」が大切であるという考え方から、腸で病原菌を抑える乳酸菌の研究を開始しました。
1930年(昭和5年)、代田博士は生きて腸にとどく強い乳酸菌を選び出し、さらに強化することにより、乳酸菌 シロタ株を誕生させました。
そして、乳酸菌 シロタ株を人々の健康増進に役立てたいと考え、1935年(昭和10年)「ヤクルト」の製造・販売を開始しました。
代田博士の考えは、「代田イズム」と呼ばれ、ヤクルト創業の精神として、今も日本はもとより世界のヤクルトの基盤となっています。

 

「代田イズム」の3つの考え

予防医学

病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないための「予防」が重要である。

健腸長寿

人が栄養素をとるのは腸である。「健腸長寿」つまり腸を丈夫にすることが、健康で長生きすることにつながる。

誰もが手に入れられる価格で

腸を守る乳酸菌 シロタ株を一人でも多くの人に手軽に飲んでもらいたい。
「ハガキ1枚の値段で健康を!」